学校給食メニューコンクール
学校給食メニューコンクール

県内の小学校5年・6年生を対象に、地場産物を利用した学校給食の献立にふさわしいメニューを募集し、部門別(主食・主菜・副菜・汁物・デザート他)に審査して「優秀賞」「アイデア賞」を選びます。

令和3年度 私が考えた学校給食メニューコンクール

「令和3年度 私が考えた学校給食メニューコンクール」の募集で、県内の小学校から沢山のご応募をいただきました。

今年度は今までの中で一番多くの作品を頂きました。どの作品も工夫や思いや願いがいっぱい詰まっていて甲乙つけ難く、すばらしい作品ばかりでした。審査員の方々からは、「アイディアがすばらしい」「地場産物についての知識豊富」「食品ロスについて配慮されているものがありすばらしい」「アレルギーへの配慮があり全員で食べられるようによく考えられているものがありすばらしい」「食材の活かし方や調理の手順などの工夫がレベルアップしている」などの感想をいただきました。家庭で、家族といっしょに楽しく取り組んでいる姿を考えるとこれからも多くの人に、楽しい料理作りの体験をしていただきたいと考えています。来年度は、メニューコンクールを始めて10年目になります。さらに多くの応募を期待しています。
  
審査員
・川瀬 朋美 (岐阜県教育委員会体育健康課/学校給食係課長補佐)
・松山 昌代 (岐阜県PTA連合会代表)
・上水流 弘美 (瑞穂市立生津小学校/教頭)
・遠山 致得子 (メニューコンクール一次審査員代表)
・山下 由美子 岐阜県学校栄養士会会長(郡上市立大和中学校/栄養教諭)
・伊藤 裕子 (公益財団法人岐阜県学校給食会/食育専門員)
 
 
今年度の部門別優秀賞・アイデア賞の受賞者は下記のとおりです。
受賞者のみなさん、おめでとうございます。

受賞作品

クリックすると各部門の受賞作品一覧が表示されます。